ストレス解消・発散の秘訣

ストレスは何故起きる?

知っておきたいストレス解消法

私たちを取り巻いているような環境の変化というのが、生体に対して与える刺激のことをストレスといいます。そして、一般的には、精神的であったり、肉体的な不調をきたしてくる、外からの有害作用に対してという意味で広く使われることが多くなっています。

また、病は気からなどというように精神的なストレスから、それが元となって身体の不調に関係してくるということは、実ははるか昔から指摘されてきているのですが、医学的にしっかりとその関係が実証されてきたということで見ると、ここ数十年のことである。これは、ストレッサーというような言葉を使い、身体的な不調の関係とストレスを体系的に関連付けたカナダの生理学者である、ハンス・セリエがストレス学説というものを発表したのが一九三六年のことです。

地球上の全ての生物というのは、ストレスというものに対して生体機能を常に一定状態に保とうとするような性質(これをホメオスタシス、もしくは恒常性という)が備わっていまして、外界から与えられる膨大な刺激に対して、常に生体は無意識的に反応していて、健康であることを維持している。

しかし、それでも過剰なストレスが与えられたり、生体のこの防衛反応を無理矢理抑制させることによって、だんだんと生体の恒常性を維持することができなくなるといつしか精神的であったり、肉体的な健康というのも損なわれてしまいます。

ストレス対しての生体反応というのは、無意識的に身体機能を調整してくれている自律神経系というものと非常に深く関わっています。自律神経というものには交感神経と副交感神経という二つがあります。そして、ストレスを受けてしまうと交感神経が優位に働き、心拍数であったり、血圧など上げたり、またはアドレナリンなどのホルモンを多く分泌させたりします。

このとき、うまくストレスを発散させることができれば、そこから自然と生体は通常の状態に戻っていきますが、そうでない場合にはそのまま交感神経が優位に働き続いてしまい、それが疲労であったり心身の異常として現れてきます。

スポンサードリンク

Copyright (C) ストレス解消・発散の秘訣 All Rights Reserved